自然のものを使うこと

家の内部の大部分を占める壁に使う自然素材といえば、漆喰である。
漆喰は、古来から日本で使われていた素材で、日本家屋の蔵などにつかわれていた。
漆喰は、カルシウム性の消石灰を元にしている素材で、これを水で混ぜあわせ泥状にし、壁に塗るものである。
この漆喰を壁に塗ることで得られる効果としては、防火性で、この効果があるので大事な物を保存する蔵に使われるようになったのである。
壁に塗ったときの仕上がりとしては、固く強固な白い壁になる。
白い壁といっても、オフホワイトの柔らかい色で、家屋の壁には適している。

また、漆喰を塗ることで暮らしにメリットが出る。
そのメリットとはカビが発生しにくいことである。
カビが発生すると、そのカビを目当てにダニや虫が住みつき、アレルギーの元である糞が堆積する。
しかし漆喰は呼吸をする素材と言われており、湿気が少ないときは空気中の水分を乾燥させないようにし、湿気が多いときは水分を壁に吸い取り、外に出す効果がある。
このため、結露を防ぎ、カビを生やしにくくするのである。
固い素材ではあるが、このように呼吸をするため、冷たさではなく暖かさを感じることのできる壁となる。

自然素材には他にも、石や土、草などがある。
これはどれも自然から生まれたものであり、そのときの環境により変化し、呼吸するものでもある。
このため、こまめな手入れが必要な場合も多い。
しかし、自然から生み出された素材が空気を清浄し、住みやすい一戸建て住宅を作れるのであれば、手間とは思わない、という人も増えている。
自然素材のお陰で、人間は自然と共に暮らす動物であることを、実感しながら暮らすことができる。

床に使用する。

長年住むために高額な金額をかけて建設する一戸建て住宅だからこそ、シックハウス症候群を引き起こすなどの心配をできるだけ取り除きたいものである。
このために、自然素材で住宅を建設する動きが近年活発である。
また、これは既に建てられた家にも有効で、リフォームで使う建築素材を自然素材にすることで、シックハウス症候群の原因を取り除くことができる。

自然素材とは、室内の環境を整え、かつ有害な化学物質の排出を抑える素材のことである。
ポリエステルや塩化ビニールなどは、化学物質で合成されているので、こうした素材ではなく、自然が合成するような、木材のような建築素材が自然素材といえる。
日本家屋は古くから、木材で作られてきており、昔ながらの日本家屋建設の技術がこの自然素材を使った一戸建て住宅に生かすことができる。
壁や床に使う素材は特に重要である。
壁と床は家の内部のほとんどの面積を構成する要素である。
このため、壁と床に自然素材の物を使うことができれば、ほとんど化学物質を抑えることができていると言える。

一戸建ては日本家屋のような畳から、フローリングの床にすることが多くなっている。
フローリングの床の素材を、合成ビニールなどで作った床張りにするのではなく、木材を使えば化学物質の影響を心配せずに済む。
また、フローリングには、多くの場合、コーティングなどの処理が施されている。
この素材はニスやワックスなどが使われるが、化学合成のワックスの代わりに自然素材を使うこともできる。
自然素材でワックス効果があるものといえば、蜜蝋ワックスがあり、蜜蝋は蜂が合成する蜜を天日干しにしたものなので、人体にも無害である。
蜜蝋は、シンナーなどに見られるような、刺激臭が無いので、人体の粘膜を刺激せずに済む。
また、手触りもやわらかなため、家具にも使いやすい。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー